top of page
  • 執筆者の写真espicule

椿オイルは、いいとこ取り!


日焼けを防ぎ、同時にビタミンDの恩恵も受けられる?

椿オイルは、いいとこ取り!


最近の日焼け止めは、きちんと塗れば著しい効果があります。

たとえば「SPF50」と表示された日焼け止めは、日焼けがはじまるまでの時間を50倍にしてくれます。ここで説明するまでもないかもしれませんが、何も塗らないで紫外線を浴びると通常は15分から20分で日焼けがはじまります。この時間を50倍、つまり12時間から16時間程度に伸ばしてくれるのが「SPF50」と表示された日焼け止めです。


こうした強力な日焼け止め効果を可能にしているのは、一般の日焼け止めに含まれている酸化チタンなどの化学物質です。これが皮膚の表面で紫外線を跳ね返し、内部への浸透を阻止するのです。


椿オイルのもつ日焼け止め効果はこれとは違います。


紫外線によって皮膚の表面にできやすい炎症(サンバーン)は、椿オイルの持つ消炎作用によって、早いうちに抑えることができます。また椿オイルを塗ると角質の奥までしっかり潤うので、皮膚は紫外線を吸収しますが、メラニン色素の発生(サンタン)を抑える効果があります。


最近では、あまり強い日焼け止めを常用すると、紫外線によって作られるビタミンDが不足し、結果としてビタミンD欠乏症になる怖れがあるという研究も発表されているようです。

ビタミンD不足になると、気管支系の疾患にかかりやすくなるし、骨も弱くなるようです。

ビタミンDは紫外線を浴びることによって体内で合成されるほか、食物からも摂取できますが、やはりそのバランスが重要なのではないでしょうか。


椿オイルは、「SPF50」など一般の強力な日焼け止めのような効果は期待できませんが、適度な紫外線を浴びながら、ひどい日焼けから肌を守ることができるという「いいとこ取り」の日焼け止めと言えるのではないでしょうか。



製品の詳細や使用方法については下記ホームページをご覧ください。



シミや小じわ、ほうれい線などに

これからのマンスリーケアの

新常識。


エスピキューレのスポンジアトリートメント

https://www.espicule.com/




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page