top of page
  • 執筆者の写真espicule

Spondia Stories No.2


スポンジアストーリーNo.2


<スポンジアは淡水カイメンという動物>


スポンジアは美しい水とともにあります。


その不思議な生態とは。


スポンジアは主に中国やロシアの 美しい 水が流れる 湖や川の底に生息しています。


一見すると 苔の塊 なので、植物のように見えますが、 実は淡水カイメンという動物に分類されます。緑色の苔をたくさんまとった原始的な動物です。


原始的という意味ではプランクトンとよく似ています。ただし プランクトンは自由に動き回れるものを指します。


スポンジアは動けないので生物学的な分類としてはベントス という分類に属します。


スポンジアの塊にはたくさんの穴があり 周りの水を吸い込んでその養分をこし取り 綺麗な水にしてまた別の穴から吐き出します。


小さなミクロの生物の集まりなのですが、 それがカイメン状の集団となって 生命活動を協力し合って行っているという、 とても不思議な生態を持っています。


スポンジアストーリーNO3ではスポンジアがケイ素の鍼と呼ばれる由縁に触れます。


閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page